外との関係性

MENU

自然の癒し効果について

本来、自然は私たち人間を癒し、支え、生かしてくれていました。しかし、現代ではその事さえ忘れ去られてしまったようです。

 

その昔、日本建築で最も大切だったのが風通し

 

風通し良い家

日本は雨が多いのにもかかわらず、湿気を嫌う木材や紙や藁で家がつくられていました。さらに暑い夏は、冷房がないため風と日陰が頼りになります。その結果、室内は大空間で、縁側を通して外部に連続する。つまり極端にいえば、「屋根が乗っているだけの室内」をつくってきたともいえますね。外部の環境とも深くかかわっていたわけです

 

しかし現代においては

 

エアコン

大量の家具の置き場所として、あるいは洋風建築の要素として、あるいはエアコンの効率として壁が多く存在するようになりました。地震には有利になりましたが、「風通し」は格段に悪くなり、一年を通してエアコンを使用し、窓を閉め切ることが多くなりました。つまり外との関係を絶ってしまったのです。その結果、内装材に含まれる化学物質を吸い込み、シック(ウスを助長させることにもつながりました。

 

エアコンに頼る生活は良いの?

世間は推奨していましたが、果たしてそれはいいことなのでしょうか

 

そもそも日本は、古来から自然を恐れ、大事にし、崇拝してきました。古い岩や山や木や物に神が宿ると大切にあつかってきたのです。住宅にとっても、風や光、太陽や月というものに、重要性を見出したことは、非常に大切なことでもありました。

 

ところが高度成長期以降

 

古い物や自然は邪魔者あつかいで、壊され廃棄され続けてきました。また風や光、太陽や月という物に見向きもせず、エアコンなど必要以上に人工的に作られた環境を追い求めたのです。そして住宅は高額商品となったのです。

 

それは本来、「自然あっての人間」なわけですから、本末転倒ではないでしょうか

遅まきながら近年、再利用や保存の動きが活発化

リフォームも注目されています。ついでに風水に代表される自然崇拝の動きも、知らず知らず出てきていることは、喜ばしいことです。そもそも人間はおごりを捨て、自然に対し、もっと謙虚であるべきではないでしょうか。

 

 

>>家を建てる TOP